自動車を売却するには|査定を見極めて車買い取りを行おう|律儀に車検を通さなくてOK
車の模型と電卓

査定を見極めて車買い取りを行おう|律儀に車検を通さなくてOK

自動車を売却するには

車内

車を売却するための手続き

自動車を売って手放そうという場合、必ずしも業者を通す必要はありません。買い取ってくれる相手がいるのであれば、持ち主自身が車売却の手続きすることも可能です。この場合、仲介手数料と言った費用も発生しませんから、手続きのための実費以外、買い取り料金全てを自分で受け取ることができるメリットがあります。ただ、本当に得なのか一度考えてみましょう。手続きを行うためには役所で行かなければなりませんが受付時間は平日のみで休日にはできません。普通に勤めている人はや医者を休む必要があります。つまり一日分の収入がなくなるわけでこれは手続きのための出費と言えなくもありません。移動のための交通費もかかるでしょうし、拘束される時間も人件費として計算できます。このように考えた場合、業者に車売却すべてを任せることが必ずしも損だと言えないかもしれません。

買い取り業者を利用する

買い取り業者と言っても、様々な業者があります。車売却を専門に行う業者、ガソリンスタンドが窓口になっている業者、車の販売店が下取りではなく買い取りを行う場合もあります。このように選ぶのに迷うほど車売却ができる業者が溢れているのが現状です。では、どのように選べば良いのでしょうか。一番良い方法はやはり、複数の業者で実際に買い取り査定をしてもらい、買取金額を比べることです。業者ごとに注目する場所や気にするポイントも異なり、また評価額にも差が見られるので、実際に評価額を示してもらうのが一番わかりやすい方法と言えます。最近は査定までは無料というものが一般化しています。新車探しも兼ねて店舗を回り、気軽に査定を受けてみるのも良いのではないでしょうか。